2004/06/30

すごい引っ越し屋さん

040630.jpg

タクシーに乗っていてとなりを走ってたトラック。
どう解釈すべきなのか。

プロレスラーが引っ越しの手伝いに来てくれるのだろうか。
それとも「引っ越しは格闘技だ!四角い部屋での真剣勝負だ!」
というコンセプチュアルなパフォーマンスか。

タンスを軽々と持ち上げるところまではいいが
そのままバックドロップとかされたら困る。
階段の上からのひねりを加えた空中殺法も勘弁して欲しい。
マイクパフォーマンスも凶器攻撃もやめろ。

なによりあのブリーフみたいな
パンツ&シューズスタイルだったらお引き取り願いたい。

でもちょっとわくわく。

と思って調べてみたらふつうの引っ越し屋さんでした。
なんだ、つまんねぇの。


posted by パトラッシュ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | (*´-`*)

2004/06/29

また「たくはつ」について

だいぶ前にも書いたが托鉢僧である。
たまに朝遅めに出勤するときに横浜駅で見るのだが
なんで太ってんのあの人は。

写真が無いのがくやしいのだが
40代ではないかと思われるなかなか眼光の鋭い坊さん。
暑くても寒くてもきちんとした身なりである。
で、コンコースの柱の所に立ってぶつぶつ言っている。

托鉢というのはれっきとした修行だそうだが
お釈迦様がやっていた行いの意味としては
「恵むという行為を人々にさせてあげるために、
 自ら貶めて乞食のような行為をしてあげている」
なんて解釈もあるらしい。

何様だおい。なめてんのか。
あの太った坊さんに関して言えば後者ではないのか
という考えもよぎる。

托鉢というのは午前中しかやってはいけないそうだが
午前中いっぱい立ちっぱなしで
そのあと昼飯はどうしてるんだろう。
いろいろといぶかしいわけだが
最大の疑問は「なんで太ってんのよ」。

今どきの坊さんは結婚もOK、肉もOK、酒もOK
という話も聞いたことがある。
でもOKったって節度は必要だろう。
午前中の稼ぎで肉なんか食ってた日にゃあ。

どうしますか。どうなんですか。いいワケ?あれ。
posted by パトラッシュ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | (゜д゜)

2004/06/28

ちあきなおみってコンビ名みたい

どーもーちあき★でーす。なおみ△でーす。

★いやーまーしかしねー
 いつものように幕が開いたわけなんですけどもー
 わたくしねー、恋の歌をですねーうたっておりましたらー。
△はぁはぁ、歌っとったんかいなー。

★そしたらなんや知らせが届きよんねんな。
△なんの知らせやねんな。

★いやそれがやねキミ、訃報やねん、これが。
△あらーそれはまたこの度はほんまになんちゅうか。
 で、誰が亡くなりはったん。

★それがあんた、3年前に私が上京しよう言うときに
 引き止めた人やねん。
△あーちょっとイヤやなーそれは。

★しかもワシな、その人駅に残して電車乗ってん。
△うぅわ、最悪やな自分。

★せやろ。そら田舎町の昼下がりに
 教会の前にたたずむっちゅうねん。
△しかも喪服や。辛気くさー。

★祈る言葉も無くしまんがな。
△いやいやちゃんと祈ったれよ。

★せやけどこれから私またステージあんねんもん。
△キミとはやっとれんわ。

★△どーもしつれいしましたー。

※関西弁はテキトーです。
posted by パトラッシュ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | (*´-`*)

2004/06/25

給料日

一応会社員の身としては給料日はやっぱりうれしい。
でもせっかくの給料日なのに残業していたりする。
冷静に考えてしまうとけっこう悲しいかもしれない。

それはさておき給料日の会話といえば飲みのお誘い。
「どうだい今晩ひとつ」とか「ちょっとコレでもどう?」とか
部長クラスに言われてみたいものだ。

いっぱしのオトナとしては「ソレ」が「ナニ」を指すのか
ジェスチャーだけで理解しなければならない。聞き返すのは野暮というものだ。
その結果とんでもないところへ行ってしまったとしても、だ。

・コップを傾けるしぐさで飲みに行くのかと思ったら糸電話
・マージャンパイを起こすしぐさかと思ったらあやとり
・小指を立てるので鼻の下を伸ばしてたらゆびきりげんまん

いずれも誘ってくれる部長さんのビジュアルはこんなだ。
オトナのつきあいって大変。
posted by パトラッシュ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | (´д`)

2004/06/24

雨の日のおもいで-その4

(つづき)

とにかく車は動かなくなってしまった。

妻の弟に連絡をしたら助っ人を連れて車で向かえに来てくれた。
このころにはもう雨は上がっており、道路には消防車が来て水を川へ吐き出していた。

道路の真ん中に自分の車があった。
電気系統がやられているようで、ハザードがつきっぱなしになっている。

義弟の車で牽引してもらい、道の脇へ車を移動する。
ひどいにおいのするずぶぬれの状態で車に乗せてもらい自宅へと帰り着いたのは深夜だった。

翌日会社へ行き車を開けてみると、車内はひどい湿度とにおいで絶望を感じる。
都内のディーラーへ電話をしてレッカーで持っていってもらった。

「直りますか」
「エンジンが水や泥を吸い込んでるのでまずムリでしょう」
「おまけにこのにおいもとれませんよ」
「被害前に戻そうとしたら最低でも6,70万ですね」

翌月にはローンが終わるところだった。先月タイヤを換えたばかりだった。
結局ホイールとタイヤだけは中古として値段がついた。
そこから廃車費用などを差し引いた1万円と一ヶ月分のローンが残った。

翌週には頭金も下取りもなしで格安中古車を買った。

とまあ、当時はそりゃあショックだったが、そうそうできない体験なので
よく笑いのネタにしていたわけですが、なんか文章で書きだしたら
すごくシリアスな話になってしまった。
こんなはずでは。


って4回もひっぱっといてこの終わりかい。
posted by パトラッシュ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | (´д`)

2004/06/23

雨の日のおもいで-その3

(つづき)

とりあえず非常階段を上って部屋で待っていた妻に一部始終を説明。
信じられない様子だ。そりゃあそうだ。
とにかく移動しないと流されるからと、また下へ。

何も考えずにキーをさしてひねってみる。
たとえば倒れている人がいたらついゆすってしまうような感覚。
何回か回したところでエンジンがかかった。

アクセルを踏むとじわりじわりと前に進んだ。
ざぶざぶと水の中をかき分けながら進んだ。
一安心したのも束の間、不規則になるエンジン音に焦っていた。

あまり水の溜まってない道路の出口まで
あと十数メートルというところで息絶えるように止まった。

ひざまで水に浸かりながら車のシートに座って放心した。
キーを回してもセルモーターが重たそうに回るだけ。

がっくりしながらマンションへと川を上る。

ざぶざぶざぶ。雨は小降りになっていた。

(またまたつづく)
posted by パトラッシュ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | (´д`)

2004/06/22

雨の日のおもいで-その2

(つづき)

エレベーターはどうも水にやられたようで動かない。
非常階段を駆け降りる。
2階から1階へと降りる途中、すでに水が溜まっている。

非常階段の扉を開けると目の前の道路は本当に川だった。
しかも濁流。

私の車は 割と背の高いRV車にもかかわらず
ボンネットが見えなくなるまで水に浸かっていた。
さっきまで自分の乗っていた車が川の中にある。

腰まで水に浸かりながら一瞬アタマ真っ白になる。
あわててざぶざぶと水の中を進む。
中を見るとシートの座面が水の中でゆらゆらと見える。

周りを見ると他の路上駐車していた車が浮上がって流されている。
このままでは俺の車も流されると思い、カギを開け中に乗り込む。
道路の先の方を見ると少し高くなっているらしく
タイヤが見える車が走っている。

あそこまで行けば。
後から考えればこれがトドメだった。

(まだつづく)
posted by パトラッシュ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | (´д`)

2004/06/21

雨の日のおもいで-その1

台風の影響であろう、すごい雨である。
大雨といえば苦い思い出がある。

4年ぐらい前の夏だろうか、都内で集中豪雨があった。
休みの日だったのだが用事があって、
夕方ちょこっと車で、当時事務所のあった白金へ行った。
ちょっと寄ってすぐ帰るつもりだったので、車は路上に止めた。

ついた途端に夕立になり、カミナリが鳴り、どしゃ降りに。
部屋の窓から「すげーすげー」とかのぞいて喜んでいると
事務所のあったマンションの非常ベルが鳴り響いた。

カミナリでも落ちたのかと思い廊下に出てみると
向かいの部屋の人が腰まで水に浸かったように
ずぶぬれになって帰ってきたところだった。

彼は言った。
「下の道路、川になってますよ!」
あわてて下へ降りようとするとエレベーターは止まっていた。

(長いのでつづく)
posted by パトラッシュ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | (´д`)

パトラッシュ大量更新キャンペーン

徹夜仕事の合間の息抜きに!
打ち合わせでたまったストレスに!
ご近所のうっとおしい人間関係に!

一ヶ月近くも更新が滞っていた
あの「もうつかれたよパトラッシュ」が帰ってきた!

過去分も含めて、いつ何本更新されるかわからないスリル!
毎日ほとんど机の前にいるだけの
インプットの少ない生活から生まれる
苦し紛れな文章が見どころだよ!

無理やりテンションを上げようとしてるみたいだが
だいじょうぶか俺!だいじょうぶだ!おとなだからな!

ということでみなさんよろしくおねがいします。
なんだそれ。
posted by パトラッシュ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | (゜∀゜)

2004/06/19

わー、いっぱいだー

このページの右上にもついているが
アクセスカウンターというものがあって、
要はこのページが何回アクセスされたか、が解るわけだ。

いつの間にか1000越えているではないですか。
いつもご覧のみなさま、まことにありがとうございます。

とは言うものの、コレって実は
おなじ人が何度かアクセスしてもカウントされる仕組みだ。
つまり1000人以上が見ているわけではない。

どちらかというとすごくコアな一部の人間が
カウンターを上げている可能性の方が高い。
というか、ここのページの場合それで間違いない。
メンボク無い。

ふつう「キリ番」とかいって
カウンタの1000を読み込んだ人になんかあげたりするが
ウチの場合はむしろ「リロード大将」がきっとどっかにいる。

調べたらわかるのかもしれないけど、めんどくさいのでやらない。
これからもたくさんリロードしてください。
よろしくおねがいします。(オチはありません) �
posted by パトラッシュ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | (´д`)

2004/06/18

キリンのいる風景

040618.jpg

ここは築地場外市場。
これは何かというと干物などを売る店の看板だ。
何度か通っている路地だがこの日初めて気がついた。

このときは店がもう閉まっていたのだが
前に通りかかった時の記憶ではこの店、
たくさんのワカメやスルメなどと一緒に
タヌキか何かのはく製をいっしょに並べてあった。
ほかにも何体かあった記憶がある。

売り物としてなのか、単なるディスプレイなのか
とにかく「乾きモノ」と言う点では確かにいっしょである。
しかしそんな次元ではないことは
この看板をみれば火を見るよりも明らかである。

本当はハンターになりたかった。

「海のものを干して売るなんて俺はまっぴらだ!」
そう言って家を飛びだした14の春。

「チチキトクスグカエレ」届いた電報。
母は泣きながら父の最後の言葉を告げる。

「康夫、やりたいようにすりゃあいい…」

「かあさん、俺まちがってたよ。俺、この商売を継ぐよ」

しかし大草原でキリンを追う夢だけは捨てきれなかった。
そんな秘められた辛く悲しいストーリーがここにある。

いや、ないですけど。
でもきっと魚より動物が好きなんだと思う。
posted by パトラッシュ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | (*´-`*)

2004/06/17

朝焼けがきれいでした

040617.jpg

このところぼくはずっと忙しく
更新は滞っていたわけで。

今日も徹夜明けで
ふと気づくと外は明るくなっており

また一日が始まるわけで。

かあさん、朝焼けがキレイです。

あーあー、あああああーあー。

意味もなくリリカルになってみましたが
みなさんいかがお過ごしでしょうか。
と言ってみたところで後が続きません。

そんな日があってもいいじゃないか。
こういうことでちょっとじーんときたり
することもある。

本日これまで。
posted by パトラッシュ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | (゜∀゜)

2004/06/16

今日はスーツでした

040616.jpg

スーツを着るのは嫌いではない。
毎日はイヤだが、たまに着る分にはオトナになった気分だ。
いや、もうオトナだというのはわかっている。
が、なんていうか、気持ちがちがう。

自分にハクがつくとでもいうのか、
要するにいわゆる大人の社会に混ざれる自分がいる。

つまりふだんは大人社会の一員としての自覚が無いわけだ。
いま書いてて気づいた。そうだったのか。
そりゃあ何となく似合わんわけだ。
七五三でも、卒業式でも、リクルートでもいいが
どうりでスーツに着られてる訳だ。

顔もココロもフレッシュじゃないのに
板についてないという意味ではフレッシュマン。
ダメじゃないかサカヨリ君。
しっかりしたまえ。

来月36歳になります。めんぼくない。
posted by パトラッシュ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | (´д`)

2004/06/15

男が売ってもいいじゃん

今はヤクルトおばさんってゆっちゃいけないんだそうだ。
あとニッセイのおばちゃんってのもだめだ。
まあ、若い人もいるわけだからそれはそうですね。

ところでこの業種というのは男はお呼びじゃないんだろうか。
男女雇用機会均等法的にどうなんだ。

ヤクルト・ミドルやヤクルト・GUYって需要がありそうじゃないか。
ニッセイ・ジェントルメンとか。

ヤクルト・ミドル、ニッセイ・ジェントルメンなら
なんとなく田村正和とか宝田明あたりのイメージ。
ヤクルト・GUYは室伏広治とか永井大とかのマッチョ系でどうか。

でも以外と売り上げを伸ばすのは
毒蝮三太夫とかみのもんた系だったりするところが
人生一筋縄じゃあ行かないもんだね。
posted by パトラッシュ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | (゜∀゜)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。