2007/07/03

わたしの恥ずかしい写真見せます

ちょっと前、首があまりにも痛いので病院に行った。
レントゲンを撮ったところ、首の椎間板(いわゆる軟骨)の一部が
もともと薄いんだかヘタっているらしい。
痛みはなくなったが治るものではないとのこと。

それはいいのだが、何がびっくりって近頃のレントゲンはデジタルなのだ。
X線デジカメ。当然現像もいらず、できあがるのは画像データ。
パソコンで医者が見せてくれる。超すげえ。レントゲン萌えー。

先生に「このデータもらえないですか?」と聞いてみたら快諾。おお!まじすか。
どうせBMP形式とかだろうとタカをくくって
CD-ROMに焼いてもらったのはいいのだが、どうやっても見られない。

調べてみたら医療現場での標準フォーマットはDICOM 3というやつらしい。
そんな形式聞いたこともない。えー、せっかくもらったのにいー。

と思ったら、なんとAppleが医療分野で無償でサポート。
というわけで無事「自分の首の骨画像」をGET。
正真正銘、私の一糸まとわぬ恥ずかしい写真を記念に世界に発信♪

IM-0001-1002001.jpg

今年のベスト3に入るうれしさ♪

IM-0001-1003002.jpg

みんなもデジタルレントゲンのあるお医者さんに行ったときはもらうといいよ♪

IM-0001-1005004.jpg

今度全身撮ってもらおうかな♪

IM-0001-1004003.jpg

この画像ビューアの名前がまた素敵。
「OsiriX=おしりっくす」。医療最先端技術がおしり、って。
(ちがいます)



posted by パトラッシュ at 16:18 | Comment(4) | (゜∀゜)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。