2004/06/18

キリンのいる風景

040618.jpg

ここは築地場外市場。
これは何かというと干物などを売る店の看板だ。
何度か通っている路地だがこの日初めて気がついた。

このときは店がもう閉まっていたのだが
前に通りかかった時の記憶ではこの店、
たくさんのワカメやスルメなどと一緒に
タヌキか何かのはく製をいっしょに並べてあった。
ほかにも何体かあった記憶がある。

売り物としてなのか、単なるディスプレイなのか
とにかく「乾きモノ」と言う点では確かにいっしょである。
しかしそんな次元ではないことは
この看板をみれば火を見るよりも明らかである。

本当はハンターになりたかった。

「海のものを干して売るなんて俺はまっぴらだ!」
そう言って家を飛びだした14の春。

「チチキトクスグカエレ」届いた電報。
母は泣きながら父の最後の言葉を告げる。

「康夫、やりたいようにすりゃあいい…」

「かあさん、俺まちがってたよ。俺、この商売を継ぐよ」

しかし大草原でキリンを追う夢だけは捨てきれなかった。
そんな秘められた辛く悲しいストーリーがここにある。

いや、ないですけど。
でもきっと魚より動物が好きなんだと思う。


posted by パトラッシュ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | (*´-`*)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。