2004/06/21

雨の日のおもいで-その1

台風の影響であろう、すごい雨である。
大雨といえば苦い思い出がある。

4年ぐらい前の夏だろうか、都内で集中豪雨があった。
休みの日だったのだが用事があって、
夕方ちょこっと車で、当時事務所のあった白金へ行った。
ちょっと寄ってすぐ帰るつもりだったので、車は路上に止めた。

ついた途端に夕立になり、カミナリが鳴り、どしゃ降りに。
部屋の窓から「すげーすげー」とかのぞいて喜んでいると
事務所のあったマンションの非常ベルが鳴り響いた。

カミナリでも落ちたのかと思い廊下に出てみると
向かいの部屋の人が腰まで水に浸かったように
ずぶぬれになって帰ってきたところだった。

彼は言った。
「下の道路、川になってますよ!」
あわてて下へ降りようとするとエレベーターは止まっていた。

(長いのでつづく)


posted by パトラッシュ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | (´д`)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。