2004/12/10

マリー

041210.jpg

「パンが無いならケーキを食べればいいじゃない」
でおなじみのアントワネット。
貧困にあえぐ民衆の声に対して
食うに困るどころか飽食だった貴族ならではの発言である。

しかし自分の暮らしを振り返っても
「食べるものが無い」と言う意味ではなく
単純にパンが無いと言う状況はよくある。
はたして現代ならアントワネットはなんて言うか。


「あー、パンねえや」
「パンが無いなら買いに行けばいいじゃない」
「えー、出かけるのめんどくさいなぁ」
「めんどくさいなら食べなきゃいいじゃない」
「あ、いや、すいません買いに行きます」

「あれー食パン売り切れかー」
「食パンが無いならバターロールでいいじゃない、
 っていうかケーキでもカレーせんでもいいじゃない」
「うーん、じゃあカレーせんにしようかなぁ」
「あら、ちょっとあんた、もうお昼じゃない」
「あ、ほんとだ」
「もう、マックで食べてっちゃえばいいじゃない」
「そーっすねー」


勢いで書いてみたが「〜じゃない」っていってるだけで
ちっともマリー・アントワネットじゃない。
ただのおせっかいなおばちゃんみたいになってしまった。


posted by パトラッシュ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | (―_―)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。